アンチエイジング

blog

美人への近道!!エイジングケア???と、ちょっとその前に!?

今の時期気になるのが乾燥ですね『なんか梳かすと引っかかるんだけど!!で、無理やり引っ張ると切れたりするし余計にボサボサになる^^:』とか『梳かすと静電気で逆に広がりますぅぅぅぅぅぅぅぅ・・・・』とか『なんかいつもよりダメージがきになるんだけど・・・』など
blog

エイジングスパ始めました!!

髪の毛のツヤや収まりを求めると、必ず行き着くところは『頭皮』です。この頭皮の状態を常に良い状態に保っていくことで、その時のベストな髪の毛を育てていくことが髪の毛の美しさや日頃のお手入れのしやすさに繋がっていくものだと思っています。ということで『エイジングスパ』なるものを始めました!!これで、頭皮を良い状態に保ちお客様の綺麗のお手伝いがさせていただければと思っております^^
blog

エイジングケアでツヤツヤ増加中です^^/

去年始めあたりから、縮毛矯正や髪の毛をツヤツヤにする方法などをより勉強していくようになってFuuに通っていただくお客様も縮毛矯正をしていただく方が多くなってきました^^ありがとうございます!!定期的に通っていただいてる方にメンテナンスしていただくことで、その綺麗さを保っていただけておりますm(..)m今回もいつもいらしていただいている方の縮毛矯正です♪比較的髪の毛の量はある方ですが、毛の太さは細い方で部分的に強めの癖がある方です。とてもダメージしやすく、パサつきや切れ毛が起こりやすいなんともデリケートな髪質です。そんな方の髪の毛を綺麗にさせていただきました!!
blog

内面だけでなく外見も整えることをアンチエイジングと捉えてます!

今年の抱負を今年はエイジングケアに特化してお客様の『素敵』をお手伝いさせていただければと思います!こちらもオススメしております!![blogcard url="https://fuuhairworks.com/new-year-start/"]エイジングってなんだろ?アンチエイジングでは、体内に何かを摂取して体の老化を遅らせる・・・老化を感じさせないようにするというのがエイジングケアとしては一般的なのかもしれません。若しくは、適度に体を動かして体のバランスを整えるのもエイジンングケアかもしれません。美容師としてのエイジングケアFuuでは髪型を整えて、つやがなくなりつつある方やボリュームが出にくくなった方をケアすることもエイジングケアと捉えています。気になることといえば、年齢とともに髪の毛は痩せていったり量の減少が気になるところですね〜
blog

デジタルパーマとは、ボリュームを出すための救世主かもしれないというお話

抜け毛が増えた髪が減った気がする髪にコシが出なくなってきた髪がくせ毛みたいになって広がりやすくなった髪の毛にボリュームが出にくくなったなど、これのどれかを感じ始めてきたら何かしらの対策は早めにしておいたほうがいいと思います。
blog

ボブから伸ばしている最中こそケアが重要なんですよね

最近の営業でお客様とお話をしていると、エイジングケアに興味を持たれている方が多いと言うことがわかってきました。自分も含めお年頃の方がいらっしゃると言うのが事実で、今時だと抜け毛に対するお悩みが多く見られます。そんな中、髪を伸ばしている最中のケアについてご質問があったので共有させていただければと思います。髪を伸ばしている上で注意しておきたいのが、やはりダメージですよね。カラーリングしている方はもちろんただただ伸ばしているだけで髪の毛はダメージにさらされることが多いんです。
blog

アンチエイジングとは??それは・・・

「加齢」でどこか不調を感じる前にそこに行き着くまでに準備してスピードを緩める・・・予防医学的な位置付けのこと。僕ら、美容師ができるアンチエイジング・エイジングケアは例えば・・・容姿を整える・若く見せたりする髪の毛のダメージを極力抑えて痛まない(傷みにく)くする頭皮の老化を遅らせて、抜け毛や髪の毛が痩せていくのを抑える
blog

好評いただいてますエイジングケア。ここから始めるのがオススメ!

気になる代表格は・・・抜け毛ボリュームが出にくくなってきた髪の毛が痩せてきた白髪がきになる。やはり『かっこいい』『綺麗』『かわいい』などを当然のごとく自分なりに目指すのですが、そこに『年齢』というものをプラスしていかなくてはいけないと思いました。
blog

アンチエイジング気になる方必読!広がってまとまらないでもボリュームは無くしたくない!!

ボリューム出なくなる・・・これは確かにそうです。ただし!必要なボリュームはある程度残せますし、いらないボリュームは落とすことが可能です毛先までまっすぐに・・・これは癖が相当強かったり、毛先のダメージがとてもひどい場合を除いて丸みの必要なヘアスタイルであれば丸みを残すことも可能ですダメージがきになる・・・確かにダメージしない薬剤はございません。でも、髪の状態など適切に判断して必要なパワーの薬剤を使えば最小限に留めることが可能ですし手触りが良くなることも多いです
タイトルとURLをコピーしました