フェイド

blog

年末も近いですが、ガッツリ刈り込むバーバースタイル はいかがでしょうか?

年末も近いですが、ガッツリ刈り込むバーバースタイル はいかがでしょうか? こんにちは、豊島区千川駅の完全マンツーマン美容室Fuuの武藤です。 先日インフルエンザの予防接種をして冬のインフルエンザ対策はバッチリなのですが、秋の花粉症に悩まされ鼻が黒部ダム状態です 皆様は秋の花粉は大丈夫ですか? さて前回のブログや先日のノモトのブログを含め、最近よくブログのテーマにさせていただいているメンズスタイル 「バーバースタイル 」。 クラシカル且つ男らしいスタイルで、幅広い年齢層の男性のお客様からとても人気です。 バーバースタイルの一つの特徴でもある、周りをスッキリ刈り込む「フェードカット」。 1㎜以下のほぼ剃るに近い長さから長いところで約1cm以下の部分まで、綺麗なグラデーションで刈っていきます。 上の2スタイルは、標準的なウエイト(重心)のフェードカット。 先日ご来店された大学生のお客様はかなり髪が硬く量も多く、特にサイドのハチの部分が通常のウエイトの高さだとすぐ横に張り出してしまう髪質の方。 なのでご本人とも相談させていただいて、長持ちさせるために通常の高さよりも上の位置まで刈り込む「ハイフェイド」を提案。 トップも短めをご希望でしたのでトップもスッキリカットし、悩みのタネと仰っていた量もしっかり調整させていただきました! とても男らしい潔い短髪  スタイリングはおなじみの、ナカノモデニカグリース4番とワックス8番1:1MIX! ツヤ感と高いホールド力をどちらも得られます。 「バーバースタイル」と一言で言っても、髪質や頭の形またお仕事等によっても合うスタイルは様々です。 しっかりカウンセリングをさせていただいて、一番フィットするバーバースタイルをご提案させていただきます! 以下は僕がメンズカットの際にこだわっていることです。 僕はメンズカットは毛量調整が非常に大事だと考えています。 男性の髪は量が多く、髪質も太くて硬い場合が多いので、ある程度しっかりと毛量を減らさなくてはならないのですが ただすきバサミをガンガン入れて減らせば良いというわけではありません。 また直毛の方も多いので、ただすいただけでは動きは出づらい仕上がりになってしまいます。 カットのもちを考え、またご自宅でのスタイリングのしやすさ(再現性)を考え、ハサミを入れて行きます。 僕は毛量調整だけでも3本のシザーを使い分けますが、 1.左から毛先の細かいディティールを作るための、繊細な質感カット用の少量しか落ちないすきバサミ 2.真ん中が毛量を落とすことに特化したすきバサミ(この使い方にもヒミツあり!) 3.一番右が束感を出しやすくするカットをする時に使う、カービングシザー。  なんとはさみ自体が反り返っていてカーブ状なんです! 中でも大事なのは、2と3だと思います!! こうして完成されたヘアスタイルは、ワックスetcをつけなくてもしっかりと動きのあるスタイルになりますし もちろんスタイリング剤をつければ更にそれがカッコよく決まり長持ちする! 自分に似合うメンズヘアスタイルがわからない、イメチェンしてみたい、カットをしてもすぐ重たくセットがしずらくなって困っている etcでお悩みの方、是非一度「Fuuの武藤」にご相談下さい!! 東京都豊島区要町3ー56−5 Fuu Hair Works LINE@はじめました!ご質問も受け付けております! [sc_contact]
タイトルとURLをコピーしました