[良かれと思ってはいけない]本当にお客さんが望んでるものとは?

こんにちは、千川駅の完全マンツーマン美容室Fuuの野本です。

 

先日ご来店頂いたお客様との会話からの一こま

『くせ毛なんですけど、おさめたいんじゃなくて活かしたいんですよね・・・でも、おさめる方法を教えてくる美容師の方もいらっしゃいましたし・・・まぁ、おさまらないしイメージと違うんですよねぇ』

 

と、くせ毛の方はこの時期はどうしても悩みがちな時期なのですが。おさめたい方と活かしたい方の大きく分けると2パターンのお客様がいらっしゃいます。

 

 

 

 

 

本当はどんな感じがいいの?

先日いらっしゃいましたお客様は『活かしたい』お客様なので

 

  • 動きを出す

  • パーマの様な仕上がり

  • 無駄に手間をかけずとも奇麗にまとまるヘアスタイル

 

などなどを希望されると予想しました(ある程度会話をさせて頂いての自分の中での落としどころ。ここからお客様の要望とすりあわせて行きます)

 

 

 

 

美容師の勘違いは一人演説になりがち

この奇麗にまとまるを『おさめる』と勘違いしてしまうと、ご要望と大きくかけ離れてしまいとてもじゃないですが満足のいく髪を作る事が大変困難になってしまいます。

 

 

 

 

 

マンツーマンならでは

こちらからも最初は特にですがいろいろな角度から質問させて頂く事も多いかもしれませんがお客様からも好きや嫌い何かしたいことをどんな小さい事でも伝えて頂ければそこから大きく膨らませる事がこちら側、美容師の仕事ですのでお気軽に何でもご相談ください!!

 

 

 

因に、全てではございませんが無理におさめようとしても大体時間が経つとまとまりが悪くなる事もありますのでしっかりコミュニケーションをとらせていただきたいですね^^/

 

 

 

友だち追加数line@はじめました!ご質問も受け付けております!

 

[sc_contact]

コメント

タイトルとURLをコピーしました