頭皮の事

blog

エイジングスパ始めました!!

髪の毛のツヤや収まりを求めると、必ず行き着くところは『頭皮』です。この頭皮の状態を常に良い状態に保っていくことで、その時のベストな髪の毛を育てていくことが髪の毛の美しさや日頃のお手入れのしやすさに繋がっていくものだと思っています。ということで『エイジングスパ』なるものを始めました!!これで、頭皮を良い状態に保ちお客様の綺麗のお手伝いがさせていただければと思っております^^
blog

デジタルパーマとは、ボリュームを出すための救世主かもしれないというお話

抜け毛が増えた髪が減った気がする髪にコシが出なくなってきた髪がくせ毛みたいになって広がりやすくなった髪の毛にボリュームが出にくくなったなど、これのどれかを感じ始めてきたら何かしらの対策は早めにしておいたほうがいいと思います。
blog

[まとめ]最近の投稿をまとめました

こんにちは、豊島区千川駅の完全マンツーマン美容室Fuuの野本です。小竹向原と要町の間になります。11月・12月は比較的ご予約が埋まりやすい傾向にございます。ご希望のお日にちがございましたらお早めにご連絡ください!!ここ最近ですが、連日投稿させていただいております。そちらをこれからも不定期ではありますがまとめたものを投稿させていただこうと思います。
blog

ボブから伸ばしている最中こそケアが重要なんですよね

最近の営業でお客様とお話をしていると、エイジングケアに興味を持たれている方が多いと言うことがわかってきました。自分も含めお年頃の方がいらっしゃると言うのが事実で、今時だと抜け毛に対するお悩みが多く見られます。そんな中、髪を伸ばしている最中のケアについてご質問があったので共有させていただければと思います。髪を伸ばしている上で注意しておきたいのが、やはりダメージですよね。カラーリングしている方はもちろんただただ伸ばしているだけで髪の毛はダメージにさらされることが多いんです。
blog

アンチエイジングとは??それは・・・

「加齢」でどこか不調を感じる前にそこに行き着くまでに準備してスピードを緩める・・・予防医学的な位置付けのこと。僕ら、美容師ができるアンチエイジング・エイジングケアは例えば・・・容姿を整える・若く見せたりする髪の毛のダメージを極力抑えて痛まない(傷みにく)くする頭皮の老化を遅らせて、抜け毛や髪の毛が痩せていくのを抑える
blog

好評いただいてますエイジングケア。ここから始めるのがオススメ!

気になる代表格は・・・抜け毛ボリュームが出にくくなってきた髪の毛が痩せてきた白髪がきになる。やはり『かっこいい』『綺麗』『かわいい』などを当然のごとく自分なりに目指すのですが、そこに『年齢』というものをプラスしていかなくてはいけないと思いました。
blog

抜け毛・ハリコシがなくなって・・・まずはマッサージそのポイントは?

こんにちは、豊島区千川駅の完全マンツーマン美容室Fuuの野本です! 年末にご予定がある方、暮れに近づいてくると中々ご予約もお取りづらくなりご迷惑おかけしてしまうので日程のご相談ご連絡ください!! LINE@はじめました!ご質問も受け付けております! [sc_contact] 12月1日に小田急相模原のお店がオープンしましたこちらも併せてご覧ください!! [blogcard url="https://fuusagamihara.com/2018/12/10/post-108/"] ここのところ、男性も女性もよくお話しに上がるのですが・・・ 『抜け毛が〜』『コシがなくなって〜』 などの、髪の毛に関するトラブル。経験したことのある方がほとんどだと思いますが、特に年代的に30代以上の方が 気にされている事が多いです。 原因は様々で 加齢 ストレス 病気が起因して 頭皮の状態がいい状態ではない などなどですが、今回は頭皮ケアの初歩の初歩! 抜け毛・ハリコシがなくなって・・・まずはマッサージそのポイントは? をわかりやすくお伝え致します! 特に、マッサージの仕方も大事なのですが今回はマッサージをした方がいい部分というところに向けてお伝えできれ ばと思います! サザエさんより 皆さんもよくご存知だと思いますが、某波平さん。 僕はこのみんながよく知る波平さんを例に挙げてお客さんに説明しています。 ここからは独自理論も含まれますしもしかしたら違う知識を言ってしまっていることもあるかもしれませんので、そ の時はこっそり教えてくださいw 某波平さんだけではありませんが男性の薄毛・・・全部なくならないの不思議だと思いませんんか?某波平さんのよ うに耳のあたりから襟足付近は髪の毛が残っているのを。これは司っているホルモンの違いからくることなんです が、薄毛になっている部分は女性ホルモンが司っているので年齢を重ねる毎に上の方から薄くなりやすくなっている のです。 上記は直接マッサージポイントとは関係ないのですが、豆知識です^^  で、マッサージをするポイントですが某波平さんの髪のあるゾーンは主に表情を作ったり首から伸びてきている部分 だったりある程度筋肉がある部分なんですね。薄毛の部分はあまり筋肉がなくなかなか自発的に筋肉があまりないた めに血行を良くする事が難しくなってきます。これは、加齢とともに皮膚だけではなく筋肉や関節・・・身体中が加 齢とともに硬くなっていきます。  ですのでほぐしてあげる事が大事になります。まずは某波平さんの髪のある部分の筋肉が硬くなった部分をほぐし ていくのですが、ここをマッサージして痛みを感じるようですと相当疲れていたり強めのコリを感じていると思いま すので強めにマッサージしてしまうともみ返しがきてしまう可能性があるので数日に分けて優しくマッサージが必要 になります。  あとは順に頭頂部に向かってマッサージをしてあげると効率よく上の部分もやわらくしていく事が可能になります ので、1日1分でも30秒でも構わないので気がついたらマッサージをする!という勢いでやていただくと改善が見込ま れると思います! 色々ケアしている方多いと思います!マッサージで頭皮をほぐすということはケアの『基本のき』ですので思い出し たら、某波平さんの髪型を思い出してあげてくださいw もしマッサージ方法が分からなければ、お店でお伝えすることも可能ですのでお尋ねくださいませ^^/
blog

美容室の苦手あれこれ、うちでは無駄な会話しなくても大丈夫なんですよ!

こんにちは、豊島区千川駅の完全マンツーマン美容室Fuuの野本です。 美容師歴だいたい20年ほどになりますが、未だに驚かれることがあります・・・ 長くお世話になっているお客様は全然そんなこと思わないと思いますがwあまり会話が得意でないんですw しかも、美容師特有の会話は特に苦手ですw で、驚かれる理由を自分なりに調べて見たのですが・・・美容師って 自分の話が多い(そうだったらすみませんw) 上から目線が多い(そのつもりはないですがそうならすみませんw) お客様が話をしたくないのに話かけてくる(なるべくそうならないようにしてますがそうだったらすみませんw) 商品やメニューをやたら押し付けてくる(それはしてないですがそう感じさせてしまったらすみませんw) 他にもいっぱいあるようです・・・ が、とにかく美容師目線のことがいっぱいで美容室苦手っていう方割と多いみたいなんですね。 確かに、自分もお客さんとして他のお店に髪を切りに行ったりするのですが 職業はほぼ必ず聞かれます。あまり会話も楽しめる方ではないので 興味ないなら無理に話を振って欲しくないと感じてます。 美容室の苦手あれこれ、うちでは無駄な会話しなくても大丈夫なんですよ! なんだかディスりぽくなってしまいましたがw Fuuではマンツーマンでお客様に対応させていただいております。なので、髪型の相談はもちろんですが美容師である 自分たちとお客様の空間を大事にしたいと考えています。 なので あまりいろいろなことを聞かれたくない 必要のない商品やメニューを勧められたくない 興味がないのに身のない会話をしようとしない など、お客様のプライベートスペースを大事にしております。 もちろん、必要なことはお聞きします。会話ができないわけではございませんので、お話ししたい方などは普通にお 話しさせていただきますw 予約の電話や髪型などの相談にハードルを感じている方も多いかと思いますそんな時は。。。 LINE@はじめました!ご質問も受け付けております! [sc_contact] こちらにお問い合わせいただくか、予約ページから直接ご予約いただくことも可能です(web予約は前日23時59分までお取りすることが可能です。当日はお電話からのご予約になります) 近頃はsnsも使う方が多いですので twitterフォローいただきDMなどでもご相談受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください!! ↓↓こちらもご覧ください↓↓ 12月1日に小田急相模原のお店がオープンしましたこちらも併せてご覧ください!! [blogcard url="https://fuusagamihara.com/2018/12/10/post-108/"]
武藤発信の〜

知ってるようで知らない「SPFとPA」の話

こんにちは、武藤です。  今回は、日焼け止めetcに記載されている「SPF」と「PA」について書きますね。 数値が高い方が、効き目が高いくらいしか知りませんよね?  僕も美容師になるまでは知りませんでしたw Pfx75HNNL2PKam9 「SPF」とは、サンプロテクションファクター(Sun Protection Factor)の略。 主に日焼けの原因である「UV-B」を防ぐ目安の数値です。 数字が大きいほど効果が高くなります。 この数字例えば、SPF30なら30倍 SPF50なら50倍遅らせることができるという意味です。 人によって個人差がありますが、紫外線が当たり始めてから日焼けをするまで15〜20分だと言われています。 つまり、僕が日焼けをするまで15分かかるとしてSPF50の日焼け止めを使ったとしたら 15分×50倍=750分→12時間半紫外線による日焼けを防げるという意味です。 つまり、SPFの数値は時間ではなく防御力のことなのです。 次に「PA」ですが、PAはプロテクションオブUV-A(Protection grade of UVA)の略で、UV-Aの効果を表す目安の数値です。 +の多さがUV-Aへの効果の高さを表します。 以下の4段階に分かれています。 PA++++…極めて高い効果がある PA+++ …非常に効果がある PA++  …かなり効果がある PA+   …効果がある どうですか? 知っているようで知らなくないですか?  すでに知っている内容ならすいませんw 次回は紫外線編ラスト「子ども用の日焼け止め」についてです。  お楽しみに!
blog

毎日平均3時間外で遊ぶお子さんに気をつけてあげたいことは? 

こんにちは、武藤です。  前回に引き続き、紫外線のお話です。 今日はその中でも「UV-A」と「UV-B」のおはなしです。   子供が1日のうち、外で遊ぶ時間は平均約3時間だそうです。 ということは、毎日約3時間「UV-A」と「UV-B」を浴びているということです。  お子さんにとっても、やっぱり紫外線の浴びすぎには注意が必要だと思うので是非本文を読んでみてください。 images-4 「UV-A」…地上に降り注ぐ紫外線の約95%がこれ。 紫外線は波長によって種類が分かれていて、肌に及ぼす影響もちがいます。 地上に届く紫外線は「UV-A」と「UV-B」ですが、そのほとんどを「UV-A」が占めています。 紫外線を浴びると、シミやソバカスが出来たり日焼けをしてしまう印象が強いですが、実はそれは後述の「UV-B」の」しわざで「UV-A」はなんとシワやたるみの原因になります! というのも「UV-A」は、肌の奥 真皮まで届きハリや弾力をつくるコラーゲンやエラスチンを破壊します。 その結果シワやたるみが出来てしまいます。 また「UV-A」は夏だけでなく一年中油断出来ません。  真冬でもかなりの量が降り注いでいます。 窓ガラスやカーテンも透過するので、曇りの日や室内でも注意が必要です。 赤くなったり、炎症も起きないので知らず知らずに肌に老化を招いています。 日焼け止めに書いてある「PA」とは、UV-Aの防止効果を表す目安の数値です。 「UV-B」…一般的な紫外線のイメージはこちらの「UV-B」だと思います。 こちらはシミやソバカスの原因になります。 日傘をさしたり、帽子をかぶることである程度防げます。 日焼け止めに書いてある「SPF」とは、UV-Bの防止効果を表す目安の数値です。 知ってるようで意外と知らない紫外線のこと。   今日からお子さんの肌をより効果的に守ってあげてください。 次回は「SPF」と「PA」について詳しく書きますので、お楽しみにw 友だち追加数line@はじめました!ご質問も受け付けております! [sc_contact]
タイトルとURLをコピーしました