ダメージ0で割れたつむじを補正をする

こんにちは、野本です。

普段帽子をかぶっているせいか、前髪らへんがへんな生え方になっていてうまくセットできないでいます^^;

年齢を重ねてくると、髪の毛の衰えも感じてきます。。。

セットがしづらくなったり、ツヤが出にくくなったり。

『そんな感じで、もう一つ感じるのがつむじが割れてきた』です。

解決方法はいくつかありますが、自分のできる解決法をお伝えできればと思います。

 

どうしてつむじが割れてくるの??

先にもお伝えした通り、一番の原因は加齢です。

年齢が進むと、髪の毛のハリなどがなくなっていきます。そうすると、髪の強さがなくなっていき髪が生えている生え方の強さの方が勝ってきます。

 

こういうこと言われたことありませんか??

お客様『最近、分け目がくっきりついて薄く見えて気になってます・・・』

というお悩みに対して

美容師『ではこういうのはどうでしょう??分け目のところに強めにパーマをかけて分かれにくくするという方法があります!

もちろんこういう提案もいたします。ですが、髪型によってはあまり向かない場合もあるんです。

 

自分も含めてですが、分け目問題は本当に気になりますよね?

 

流行りのショートカットは上の毛が長めな場合が多いです

私のインスタの投稿になります。

見ていただくとお分かりかと思いますが、トップの長さは比較的長めでです。

この長さでしっかりパーマをかけると、ブローやアイロンでしっかり伸ばさないと外に出かけられなくなってしまいます^^;

ほとんどの場合はパーマをかけることはないのですが、髪型によってはパーマをオススメする場合がります。

 

パーマをする場合はどんな場合?

トップの毛をふんわりさせる場合はデジタルパーマを使って、大きいカールでふんわりさせたり

カールが欲しくない場合は根元だけかけられるパーマもあるんです。

悩みをカバーするためのパーマというより、デザインとしてのパーマでしたらまた違ったご提案もあると思います^^

 

カットなし!ダメージなし!最高だと思いませんか?

ということで、生え方の補正→結果ふんわりさせるきっかけを作るというのをカットもなし!パーマなどの薬剤も使わないでさせていただくご提案をさせていただくことがあります。

カットもしないので失敗は全くありませんし、薬剤も使わないのでダメージの心配やそれに伴う時間もかからないというのがお勧めできる一番の理由になります。

 

実際の方法は

特殊なハサミで生え方を補正しながらこするだけです。

数ヶ月と持つことはないのですが、カット0ダメージ0なら試しても全くリスクがないので安心していただけると思います。

 

ただ注意もあります

生え方の補正をする道具であり、技術なんですが結果を保証するものではないということです。

効果がわかりやすくです方は、数週間生え方補正が効いている方なのですが人によっては効果がわかりにくい場合があります。

ただこれだけでもやりやすさや、ツヤは出るので全く効果がないというものではありません。

あくまでも補助的なものと捉えていただけると幸いですm(・・)m

 

新しくメニュー化しました

カットの項目のところに

『生え方補正カット』

として、新たに項目を増やしました。時間は人によりますが5~10分ほど。

つむじだけではなく、サイドのボリュームコントロールや前髪が割れてしまうなど・・・

活躍できるところはたくさんあります^^

 

最後に

髪型によって、選択肢は様々あります。

これを読んでいただいている方の『なりたい』イメージに近づけるには何が最善なのか??

ということを私が追求して、安心してお客様にお伝えできればと思っております。

お悩みや些細なことでもわからないことがあれば遠慮なさらずにお気軽にご連絡いただけましたらできる限りのご回答させていただきますので、公式ラインの方のご登録も合わせてよろしくお願いいたしますm(..)m

 

お店の場所は

コメント

タイトルとURLをコピーしました