知ってるようで知らない「SPFとPA」の話

こんにちは、武藤です。  今回も引き続き紫外線のおはなしです。

 

中でも今日は日焼け止めetcに記載されている「SPF」と「PA」について書きますね。

 

数値が高い方が効き目が高い、くらいしか知りませんよね?  僕も美容師になるまでは知りませんでしたw

 

Pfx75HNNL2PKam9

「SPF」とは、サンプロテクションファクター(Sun Protection Factor)の略。 主に日焼けの原因である「UV-B」を防ぐ目安の数値です。

 

数字が大きいほど効果が高くなります。 この数字例えば、SPF30なら30倍 SPF50なら50倍遅らせることができるという意味です。

 

人によって個人差がありますが、紫外線が当たり始めてから日焼けをするまで15〜20分だと言われています。

 

つまり、僕が日焼けをするまで15分かかるとしてSPF50の日焼け止めを使ったとしたら

 

15分×50倍=750分→12時間半紫外線による日焼けを防げるという意味です。

 

つまり、SPFの数値は時間ではなく防御力のことなのです。

 

 

次に「PA」ですが、PAはプロテクションオブUV-A(Protection grade of UVA)の略で、UV-Aの効果を表す目安の数値です。

 

+の多さがUV-Aへの効果の高さを表します。

 

以下の4段階に分かれています。

PA++++…極めて高い効果がある

PA+++ …非常に効果がある

PA++  …かなり効果がある

PA+   …効果がある

 

 

どうですか? 知っているようで知らなくないですか?  すでに知っている内容ならすいませんw

 

次回は紫外線編ラスト「子ども用の日焼け止め」についてです。  お楽しみに!

 

 


友だち追加数line@はじめました!ご質問も受け付けております!

[sc_contact]

 

 


 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました