千川の完全マンツーマン美容室




知ってるようで知らない「SPFとPA」の話

Category : 武藤発信の〜, 頭皮の事, 髪の事 · by 7月 25th, 2018

こんにちは、武藤です。  今回も引き続き紫外線のおはなしです。

 

中でも今日は日焼け止めetcに記載されている「SPF」と「PA」について書きますね。

 

数値が高い方が効き目が高い、くらいしか知りませんよね?  僕も美容師になるまでは知りませんでしたw

 

Pfx75HNNL2PKam9

「SPF」とは、サンプロテクションファクター(Sun Protection Factor)の略。 主に日焼けの原因である「UV-B」を防ぐ目安の数値です。

 

数字が大きいほど効果が高くなります。 この数字例えば、SPF30なら30倍 SPF50なら50倍遅らせることができるという意味です。

 

人によって個人差がありますが、紫外線が当たり始めてから日焼けをするまで15〜20分だと言われています。

 

つまり、僕が日焼けをするまで15分かかるとしてSPF50の日焼け止めを使ったとしたら

 

15分×50倍=750分→12時間半紫外線による日焼けを防げるという意味です。

 

つまり、SPFの数値は時間ではなく防御力のことなのです。

 

 

次に「PA」ですが、PAはプロテクションオブUV-A(Protection grade of UVA)の略で、UV-Aの効果を表す目安の数値です。

 

+の多さがUV-Aへの効果の高さを表します。

 

以下の4段階に分かれています。

PA++++…極めて高い効果がある

PA+++ …非常に効果がある

PA++  …かなり効果がある

PA+   …効果がある

 

 

どうですか? 知っているようで知らなくないですか?  すでに知っている内容ならすいませんw

 

次回は紫外線編ラスト「子ども用の日焼け止め」についてです。  お楽しみに!

 

 


友だち追加数line@はじめました!ご質問も受け付けております!

かけもちしないマンツーマンでお客様だけの時間を提供させて頂きます。
じっくり時間が取れるため、しっかり相談させて頂きお客様目線での提案をさせて頂きます。
お客様のご要望に柔軟にお応えでき満足はもちろん不満も解消出来るお店を欲しいと自ら想いこのお店を作りました。

美容師目線ではなくお客様目線で考えていく事をモットーにしております。
お気軽にどんな事でも相談して下さい。
心よりお待ちしております。

 

 


 

 


SHARE :

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA